秋練.18

  

 

  9月の前半からいきなり心拍を上げるラン練をしたものだから、始めて10日目には残暑もあって体調がおかしくなり強烈な胸焼けから胃の具合が悪化、体重が一気に5キロも落ちた。疲労の極限だったのだろう。その中旬は大会の準備等で朝練を中断したら胃も回復して体重も戻った。年寄りの冷や水とは思うがスピ練が腰膝の故障を悪化させるのではないか?という恐怖を伴った心配はこの初旬の現象でそう心配することはなさそうだということがわかった。確かに強度を伴う練習は体調にもろに影響する。というか、もう無理が利かないだよな~。

 さて今は大会の書類準備が佳境に入っていましてなかなかブログの更新もできないでいます。

 

       大会へ走り来る人顔浮かべああだこうだの思案は続く

 

 大会は10年以上もやっているといろんな問題に出くわす。思わぬところから齟齬が出てくる。どんなに準備したって360度球面体のどこかからそれは必ず襲ってくる。今回はどんな魔物が飛び出すのやら戦々恐々ではあるが、それが何であるか思い巡らすのも仕事のうちだ。10年もやってりゃ、変な度胸、いや覚悟ができるものらしい。準備、しっかりやります。