2020/05/25
      ジョグ練に和語で言いたし初夏の山              若草色とか萌葱色とか                                令和2年5/10                                                ...
2020/05/08
           掃き清められ竹の皮脱ぐ旧道               はききよめられたけのかわぬぐきゅうどう                        竹の皮脱ぐ=初夏の季語...

2020/05/05
                                  林道に蛇のたうちて夏立ちぬ          立夏=夏の季語  *蛇も夏の季語で二重季語だが立夏の詠嘆の方が重い。                        ...
2020/05/02
大会が中止になったので、かえって事務局への心配してるよ、とのお声がかかってきて恐縮していますが、ゴールデンウィークには確かに大会関連の仕事はぽっかり穴の空いた感覚は否めないです。しかしここのところ本業の売上維持対策や大会の今後の行末などの結構時間が足りないくらいに忙しいのですよ。...

2020/04/20
 本来このブログはランネタであるのでラン関係の話題にたまには戻さなあかん。     掃苔もなく竹林の墓石には           読めば童女の戒名三つ       そうたいもなくちくりんのぼせきにはよめばどうじょのかいみょうみっつ       ...
2020/04/10
   山笑ふ桜散りつつ竹の秋令和二年の春もたけなわ         やまわらふさくらちりつつたけのあきれいわにねんのはるもたけなわ   いつもの春なのに今年の世相は鬱積している。...

2020/04/08
願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ                             西行法師  散り始めた夜桜に昨日はスーパームーンで観桜観月の絶好の機会であったのに野暮用で機会を逸した。満開前後に望月(満月)が重なりしかも快晴とならずんばこの光景は見れないのですよ。...
2020/04/05
今住んでいる家に引っ越ししてから4年経つが、 毎年桜が満開近くの週末に花見ランをやっていたので 今年も1人でちょっと出掛けてみた。

2020/04/04
       街角が老人裁断所となる春コロナ                    春=春の季語       *中句が相当字余りになってしまうがこれでいい。  俳句のつもりがブラック川柳になったみたい。...
2020/03/28
           前述の句は俳句になっていない。季語が二つもある季重なりなのだ。桜と霞。春霞なら使わないが、霞むならいいだろうと思ったが霞むこと自体が季語なのでありました。そこで作り直した。              一斉に咲けよと願う春霞                         霞=春の季語...

さらに表示する